鈴木秀子(聖心会シスター)のプロフィール!夫と子供は?結婚もチェック!

鈴木秀子(聖心会シスター)のプロフィール!夫と子供は?結婚もチェック!

シェアする

裏山のうぐいすが鳴き方の練習を始めました。

ホッ ホッ ホッ ホー ホーホケケキョと。

幼い頃より聞きなれた鳴き方ではありませんが、なんとなくほっこり癒してくれます。

そのうち、旅立つ頃には、ホーホケキョと立派な鳴き方でさえずることでしょう!

今回は、Eテレ「あしたも晴れ! 人生レシピ」に出演される鈴木秀子(聖心会シスター)さんのプロフィール、そして結婚と夫と子供、さらには家族についてまとめてみちゃいました。




鈴木秀子(聖心会シスター)のプロフィール

さっそく、鈴木秀子(聖心会シスター)さんのプロフィールについて紹介いたします。

カトリックのシスター鈴木秀子さんは、1932年(昭和7年)生まれ、現在の年齢は86歳でいらっしゃいます。

ニックネームはシスター鈴木秀子とおっしゃり、東京都にお住まいです。

出没地が広尾だとか。

出身大学の聖心女子大学を卒業後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了の後、文学博士の学位を取得されています。

こんなに高学歴の方だったとは私にはちょっと意外でした。

さらに、フランス・イタリアに留学され、ハワイ大学、スタンフォード大学で教鞭をとられたという経歴もお持ちです。

聖心女子大学教授(日本近代文学)を経て、現在の職業は国際コミュニオン学会名誉会長。

聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。

NPOコミュニオン顧問としてご活躍され、日本にはじめてエニアグラムを紹介されました。

全国および海外からの招聘、要望に応えて、「人生の意味」を聴衆とともに考える講演会、ワークショップで、文学療法やゲシュタルト・セラピーなど、これまでさまざまな指導に当たってこられました。

2000年(平成12年)「国木田独歩論-独歩における文学者の誕生」で梅光女学院大学文学博士に。

日本の評論家、日本近代文学研究者、自己啓発書作家として有名な方です。

幅広く活躍されていらっしゃるので、プロフィールも多くなりました。

公式ホームページもあります。

シスター鈴木秀子 official web site

エニアグラムとは

私たちの生きるための根源のエネルギーはセンター(中枢)の働きに依っているといわれています。

本能センター、感情センター、思考センターの3つの センターのうち、ある1つのセンターを私たちは得手としており、 どのようにそれを使うかでそれぞれに3タイプ、計9タイプ あるというのが基本になっています。

子供の頃からの親の教育やしつけ、学校・社会の価値観などに接していくうちに、自ら拾い読みして育んだと考えられています。

大人なってからの他者との関わり、マナー、道徳、仕事の規範、法律などに 接していくうちに無意識にタイプの傾向を抑制したり 、又は強化して私たちは生きていると考えられます。

エニアグラムは、、自立のためのツールとはいえ、時には、タイプの根源の「囚われ」につながる見たくない自分に出会い、その不都合さに触れたくないこともあります。

しかし、この「囚われ」のしくみに気づくことによって、「囚われ」に縛られたり、振り回されたりすることなく、ありのままの自分を観察し、捉えつつ生きられるようになります。

ありのままの自分を確認し、あるがままの他者を理解して、それぞれが自由になるためのものだといわれます。

コミュニオンの活動のしくみ

コミュニオン活動は、出合った者が語り合い互いの存在を受け入れ、「いま、ここに在る」という生き方をもとに一人ひとりが「幸せ発信地」として深い心の力に気づき、それをわかち合い、共に成長する場づくりをします。

コミュニオンのの活動は二つの組織で進められています。

国際コミュニオン学会

セミナーや講演、ワークショップを通じて、コミュニオン活動の芯になる「コミュニオンの真理・考え方の本質」を多くの人たちとともに学ぶことができます。

NPOコミュニオン(正式名特定非営利活動法人コミュニオン)

コミュニオンの主旨を学んだ人たちがそれぞれの意思と意欲によって社会に伝える活動です。

実際的活動を行うために、ワークショップやセミナー、わかちあい会などの勉強会を通してお互いが重点的に学びを深めていく機構母体です。

コミュニオンのワークでは一人ひとりを活かす安心の場で、生まれてから今まで生きてきた

私たち一人ひとりの全体性に目を向け、タイプを超えた、成熟した自立へのプロセスとして学びます。

「他者」との出会いの中で 「今の自分」に向き合い、未知の自分を発見し、一人ひとりの自主性をもとに了解していきます。

最近は、社会人・大人だけではなく、子どものコミュニケーション能力も大きく取り上げられています。

親子、学校、職場などの様々な人間関係で悩み、傷つき、孤立してしまう人が多い中下記のような、セミナーや講話をされてこられました。

ベルセミナー(文学療法)~名作からの贈り物

「ベルセミナー」は名作といわれる詩や文学をグループで読み、人間の心の根にあるやさしい心を甦らせる文学療法です。

朗読や瞑想、ロールプレイを通して体験学習していきます。

また、優れた作品に触れると、自分の悩みや問題は人間の共通した課題だと気づいていきます。

自分の気づかなかったことと出会い触れ合い、仲間と出会い触れ合うことによって、人生の意味を探り、気づきを深め自己成長の手がかりを得るための講座です。

アクティブリスニング-傾聴-講座

より良い人間関係を築くために最も必要とされているのは『聴く力』です。

セルフコーチング講座わかちあい会があります。

シスター鈴木秀子さんは、幸せについてこう語っています。

「幸福とは幸せを感ずる心です。

自分が幸福と思わない限り、幸せはやってきません。

まわりの環境が幸せを運んでくるわけではありません。

その環境に自分がどのように接するか?

どのような態度を持つか?

どのような視点を持つかによって幸福は決まります。

幸せも不幸も自分が選択しているのです。

「生きる力、幸せになる力は自らの中にあります」

「幸せになるための言葉171教えてくれる本」によるとこんなことが書かれています。

1.幸せはまず自分から始まります
・辛いけれど、決して不幸ではありません
・幸せとは、ごく当たり前のこと
2.人間のすべての鍵は自分の中にあるのです
・私たちが見るものは、みんな心の中にある
・一人ひとりに異なった使命がある
3.私には苦しみを乗り越える力が備わっています
・幸福度がどん底を示すとき
・苦しみの始まるところ
4.生きていること、それは愛されていることです
・生きている限り、深く愛されています
・実感できなくても信ずること
5.この世には、ひとりぼっちの人はいません
・身内にこそありあまる心づかいを
・夫婦生涯の課題
6.求めるものは与えられなくても祈りはすべて叶えられます
・祈りで癒されるとき
・祈りとは神さまと親しく話をすること
7.死は一切の終わりではなく希望です
・愛はこの世だけで終わるものではない
・あの世は至福の喜びに満ちた世界
8.エネルギーを保ち続けるために
・心満たされたとき、分かち合いたくなります
・自分の魂を喜ばせられる幸せ

シスター鈴木秀子さんには47歳の時に臨死体験があり『臨死体験 生命の響き』(大和書房刊、2005年)という本も書いておられます。

その臨死体験とは、学会出席のため修道院に泊めてもらったときに起こりました。

夜中に寝付かれず起きだしたシスター鈴木秀子さんが、足を踏み外して、階段から転げ落ちたことによる出来事でした。

その修道院は宮家の立派なお屋敷を改築したもので、その階段はとても高く急なものだったそう。

そうして階段から落ち、気を失っている間に不思議な臨死体験をしたという。

気がつくと、ぽっかりと宙に浮かんでいて、その体をもう一人の自分が一段高いところから見下ろし

そして宙に浮かんでいる自分の周りに、たくさんの蓮の花があり、その花弁が1枚1枚とゆっくりとはがれ落ちていき

はがれ落ちるたびに、自分がこの世のしがらみから自由になっていくのを感じたそうです。

いよいよ最後の1枚だけになり、これが散ったときに、完全に自由になれる!と思ったが、最後の1枚は落ちずにそのまま空高く飛翔し、これまでに見たこともない暖かな白い光に包まれたそう。

そして目前に、光の輝きに満ちた世界が広がりそのとき、不思議なくらい五感も思考もすべてがさえわたって「世界が完璧になっている」との感覚に包まれたという。

あまりに気持ちがいいので、「ずっとここにいたい」と思ったが、その光の主は「現世に帰りなさい」と、はっきり告げられたそうです。

そしてふと気がついてみると、シスター鈴木秀子さんはベッドの上だった。

駆けつけた救急隊員によれば、これだけ高さのある急階段から転げ落ちて、命が助かったことだけでも奇跡だといわれたらしい。

この臨死体験からの帰還後、不思議な能力が身に付いてまず、手術を予定していた膠原病が、なぜかスッキリと治ってしまっていたそう。

また人の病気を癒す能力も授かり、末期がんの患者さんなどの元を訪れてはヒーリングの仕事をするようになる。

臨死体験の後は、人との一体感を感じやすくなったという。

シスター鈴木秀子さんに限らず、実際に臨死体験を体験した人の中には、不思議な能力が芽生えたり、闘病中の病気が治ってしまったりする人もおられるとか。

まさに科学では説明のつかない不思議な体験である。

臨死体験をしてこの世に戻ってきた人は、「何か自らの使命があるのでは」と感じ、それまでの生き方を改め、生かされた命を人のために使おうとする人が多いそう。

著書は数多く

・あそびと生活 中央出版社 1970年(ファミリーブックス)

・名作と人生 広論社 1980年4月

・ごきげんいかが? 対談集 広論社 1982年3月

・小鳥たちの贈り物 画文集 広論社 1982年11月

・死にゆく者からの言葉 文芸春秋 1993年8月 のち文庫

・神は人を何処へ導くのか 沈黙の行、神秘体験、そして超自然の力 クレスト社

1995年9月 のち三笠書房知的生き方文庫

・シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日 海竜社 1996年2月

・いのちの贈り物 阪神大震災を乗りこえて 中央公論社 1996年1月 のち文庫

・在すがごとく死者は語る 人は、ある日その声を聞く クレスト社 1996年11月

・生の幸い、命の煌き 中央公論社 1997年2月

・死者と生者の仲良し時間 文藝春秋 1997年6月

・自分探し、他人探し 神秘の人間学“エニアグラム”入門 同朋舎

1997年7月 のちPHP文庫

・9つの性格 Nine personalities エニアグラムで見つかる

「本当の自分」と最良の人間関係PHP研究所 1997年11月 のち文庫

・子どもを傷つける親癒す親 シスター鈴木秀子の親と子の愛の絆12のステージ あなたとあなたの周りの人を幸せにする

ワークブック 海竜社 1998年2月

・鈴木秀子のエニアグラム活用術 9つの性格を活かす知恵 春秋社 1998年9月

・愛と癒しの時間 心が満たされる暝想 PHP研究所 1998年12月

・わたしの心が晴れる本 ベストセラーズ 1998年5月

・子どもをのばす「9つの性格」エニアグラムと最良の親子関係

PHP研究所 1998年7月 のち文庫

・愛と癒しのコミュニオン 1999年6月 (文春新書)

・国木田独歩論 独歩における文学者の誕生 春秋社 1999年6月

・エニアグラム9つの性格物語 春秋社 1999年7月

・恵みあれば 中央公論新社 1999年9月

・愛する人、愛される人の9つの性格 エニアグラムでわかる最良のパートナー

PHP研究所 1999年3月 のち文庫

・9つの性格に贈る言葉 エニアグラムで変わるあなたの生き方・考え方

PHP研究所 1999年6月

・絶対幸福の尺度 講談社 2000年10月 「幸福の答え」海竜社 2011年

・シスター鈴木秀子の今日幸せになる171の言葉 海竜社 2000年12月

・あなたがあなたになれる本 オーエス出版 2000年12月

・神の業は現われる 非行、不登校で悩む母親に贈る七つの物語

都築事務所 2000年9月

・幸福な死に方 逝く人と送る人の愛の絆 同朋舎 2001年11月

・ゆるす愛ゆるされる愛 自分の幸せに気づく本 大和書房 2002年7月

・奇跡の人智ちゃんの光り 講談社 2002年11月

・自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35 三笠書房 2002年1月

・ありがとう、あなたが私の子でいてくれて サンマーク出版 2003年4月

・家族をはぐくむ「愛」の贈りもの モラロジー研究所 2004年3月(生涯学習ブックレット)

・生かされる理由 人はなぜ生まれ、どこへいくのか 幻冬舎 2004年6月

・しっかりした男の子を育てる本 新紀元社 2004年12月 (新紀元社の子育てシリーズ)

・「こころの目」で見る 清流出版 2004年12月

「あなたはいつも守られている」青春文庫

・「9つの性格」人間判断法 エニアグラム活用術 2004年2月 (講談社+α文庫)

・心の対話者 2005年9月 (文春新書)

・臨死体験生命の響き 大和書房 2005年12月

・奇蹟は自分で起こす 幸せになる1ミリの法則 海竜社 2007年6月

・「愛」は伝わっていますか 講談社 2007年8月

・幸せに気づく時間 毎日を笑顔に変える35のストーリー 佼成出版社 2007年10月

・幸福力のある女の子を育てる本 新紀元社 2008年3月

・あなたの心が光でいっぱいになる本 幸せの道すじを見つける80のメッセージ

青春出版社2009年4月

・幸せになる9つの法則 海竜社 2009年7月

・幸せになるキーワード 致知出版社 2010年2月

共著

せせらぎ 粕谷友介 サンパウロ 1969年12月 (ユニヴァーサル文庫)

夫・遠藤周作を語る 遠藤順子 文藝春秋 1997年9月 のち文庫

ドロシーおばさんの心をひらこう ドロシー・ロー・ノルト共著

石井千春訳 扶桑社 2003年7月

仏教・キリスト教死に方・生き方 玄侑宗久 2005年2月 (講談社+α新書)

いまここに生きる智慧 シスターが長老に聞きたかったこと

アルボムッレ・スマナサーラ サンガ 2007年11月

学術論文も多数あり、カトリック学術研究奨励賞受賞されます。

NEWS 新刊

死は人生で 最も大切なことを 教えてくれる

1,000円(税込)

SBクリエイティブ(株)

あの世のこと~死の意味と命の輝き

1,000円+税

宝島社

自分の花を精いっぱい咲かせる生き方

1,100円+税

致知出版社 がありますよ。




夫と子供は?

次に夫と子供など家族について調べてみましたよ。

ご本人のブログ「チェリーと巡り合う部屋」に結婚に関するヒント少しがありました。

夫は、スペインの方で大学にて、スペイン語の教鞭をされていました。

国際結婚ですね。

車の免許は持ってますが、ペーパードライバーでした。

主に、シスター鈴木秀子さんが運転されてます。

第1子に娘さんを、第2子に息子さんがいて、娘さんは少し離れたところにお住まいでチェリーという名の犬を飼っておられます。

シスター鈴木秀子さんにも非常に懐いており、よく散歩に連れて出られるようですよ。

娘さんの夫となったお相手との出会いにも、母親ならではの思いが垣間見れています。

息子さんの現在の年齢は28歳です。

少年時代より、高校まで野球を続けられ、陸上部の話があるくらい足も速そうです。

やはり、男の子にはスポーツが一番という考えで おられたようですよ。

文学に丈ておられる分、聖書ばかりではなく、様々な詩は勿論のこと日本人の歌謡曲の詩についても心をすり合わせ、感動されています。

自然界も五感を通し、小さな気づきは発見に心を通わせてお友だちとの関わりのなかでも、私の心の中まで染み渡りました。

心からの友など、「心」という単語がたくさん使われています。

読んでいくと母親の感情がたくさん垣間みられ、共感できる部分が多く、私だけではなかった!と気持ちがほぐされ疲れた心と体を癒し励まされるようでしたよ。

結婚もチェック!

すでに説明しましたが、結婚についてはどうお考えなのでしょう?

国際結婚のため、文化の違いに苦労をされたようですよ。

身近に愛するひとびとへ。

愛する人へは、喜んで与えてゆくことができるものだが人の言葉で左右されたり、心の平静を保つことが難しいことが時々あります。

自分にとってなんでもない出来事や行為でも人によって受ける感情が違い、

何故こんな小さなことで怒るのだろうと思うことがありますよね。

晴れていたこころでも一瞬のうちに心にカーテンができたり、心が曇ってしまいすこしずつどんよりしてくることもあります。

いままでこころの平安を保っていても、突然相手の何気ないことばや感情が心が乱されるときにちょっとでも祈るそうです。

急に雨が降ってきた時のように雨が上がるのを待っているとさ~っと晴れ上がることがあるけれどもしかし雨がずっと降り続けるとなかなか難しく心の平安を保つことがむずかしくなり、こころの雨が降ります。

心の平安を保つためには愛、許し、忍耐、努力、祈りが必要な気がして、自分ひとりで生きているわけではないので

平安ということはこころの中に平和を産み出せるということでもあるが簡単なことではないと思うそうです。

しかし心の平安を保つということはとても大事なことだと思うので、すこしでもそのいきにたっすることができるようになりたいと日頃よりお考えのようでした。

まず今日一日心の平和があるように過ごしたいものいですね。

主に平和をいのりながら。

放送では、そうした苦しみを幸せに変えて生きるヒントが、

微笑みを絶やさないシスター鈴木秀子さんの口から

穏やかに語られてゆくのではないでしょうか?

最後に、シスター鈴木秀子が紹介された詩の中で私も心に響いた詩を紹介します。

それがイギリスの小説家であるロバート・バーの「ほほえみ」です。

その誌を紹介してこの記事を終わりにしたいと思います。

ほほえみ

♪ ほほえみそれは一文も元手はかからない

しかし おどろくべきものを人に与える

ほほえみ

それは人にあたえても一向に減りはしない

しかし もらった人をかぎりなく豊かにする

それは人生のあらゆる問題に対して

神の与え給うた妙薬である

しかし このほほえみは

金で買うことも、人から借りることも

盗みとることも出来ない

ほほえみ

それを生み出すのに時間は少しも

かからない

しかし それを受けた人の記憶の中には永遠に

残ることさえある

ほほえみ

これがなくても生きてゆけるほど強い人は

この世にいない

これがなくてもいいほど豊かな人もいない

ほほえみ

それは家庭の中に幸福を作り出し

職場に善意をつちかい

友情をやしなう

ほほえみ

それは 疲れきった魂に安息を与え

悲しい心に光をもたらす

それはあなたの心の奥底から湧き出して

惜しげもなくあたえられた時だけ

値打ちがでてくるものである

ある人々は

あなたに ほほえみを与えることが出来ないほど

疲れている

だから

その人に ほほえみを あげることの出来るのは

あなたです。

引用元:めいのはまきょうかい http://meinohamachurch.holy.jp/2017/05/28/20170523mikotoba/