チャンプモンスター(UMA)の姿は?発見情報が気になる!調査情報!

未分類

チャンプモンスターって?

聞きなれない言葉ですよね

何かのお化けなのか?

害虫なのか?

それとも空想のゲームなのか…?

今回は、世界ふしぎ発見!

2018年7月7日(土) 21時00分~21時54分

アメリカ・ミステリーレイク!

未確認生物の謎チャンプモンスターについて

チャンプモンスター(UMA)の姿は?

発見情報が気になる!調査情報!を調べてみましたよ




 

チャンプモンスター(UMA)の姿は?

 

先ず、チャンプモンスター(UMA)の姿は?

について調査しましたよ

番組では、アメリカの3つの湖で未確認動物を探索しています

未確認生物チャンプモンスターがいるという湖は

シャンプレーン湖です

多数の目撃者が訴え

その姿も恐竜のようだといわれるから

恐竜大好きな子供も気になることでしょう

アメリカで最も知られた未確認生物で

映像や写真もあり首長竜か?ともいわれ

アメリカのネッシー チャンプモンスターは

シャンプレーン湖に目撃者の名前131名が

記念碑のように記載されるほど

現在も、決定的な遭遇を求め探索している方たちが多く

学術的にも研究されているのです

今世紀にアメリカで未発見の大きな生物が

いるはずないと疑いたくなりますよね・・

しかし、実はいないと証明することが

難しいといわれているのです

湖の怪物(みずうみのかいぶつ、Lake monster)とは

淡水の湖に生息するとされる未発見の大型生物の総称

ネス湖のネッシーが最も有名だが

湖だけでなく淡水の川などに生息するとされる

未発見の大型生物を含んだ意味で

「レイクモンスター」「湖沼の怪物」とも呼ばれることがある

似たような言葉に「シーサーペント」があるが

シーサーペントはもっぱら海に生息する未発見の大型生物を指し

湖の怪物は淡水である湖に生息する未発見の大型生物を指している違いがある

日本ではシーサーペントという言葉は受け入れられているが

湖の怪物を意味するレイクモンスターという言葉はほとんど普及していない

また、巨人ビックフットについても調査され

人類と類人猿の研究が専門の

ジェフリー・メルドラム教授(ビッグフット研究の第一人者)は

ビッグフットが目撃されているカドー湖について

湖上に立ち並ぶ幻想的な森で長年探っている

アメリカで最も知られた未確認生物で

石膏で固めた足跡が30種以上も保管されており

40㎝もの大きさもあるとか

足跡などの痕跡も含め貴重映像や写真で

解明していく

世界各国にも騒がれているようで

LiLiKoさんの故郷のスウェーデンの湖には

蛇の体にネコの顔の生物がいるといわれているそうだす

 




 

発見情報が気になる!調査情報!

 

次に発見情報が気になる!調査情報! についてです

先ずは、目撃者情報から

広大な湖や森を一気に隈なく捜索することはとても困難で

チャンプモンスターを目撃した方にお話を伺うと

見たという証言に真実味があるという

自分が見たことのない生き物を見たらどうしますか?

それが何なのか知りたいし

誰かに伝えたいと思いますよね

未だに、熱く探索される原動力はすごいですね

かつてはごく一部の人たちの間で目撃されていて

伝説の生き物と言われていた動物が

20世紀に入っての発見で

今では動物園の人気者になっている例も少なくないので

チャンプモンスターについても

目撃されたものが何なのか明らかになっていないということで

存在しないという証明にはならず

何かいるのではないかと考えるのは自然なことだと話され

あるいは、楽しんでる感じのよう

モンスターというと怖いイメージを抱きがちですが・・・

チャンプモンスターに関しての恐ろしい情報はなく

人を襲ったとか

目撃者が原因不明の病になったとか

作物が荒らされたとか

生活を脅かすことはないという

古代生物の生き残りか

新種なのかわかりませんが

これまで見たことのない生き物が

地球上に存在するかもしれないとしたらどうでしょう

そんなことを考えていたら

幼いころに鹿児島の池田湖の

ネッシー説(イッシー)が有名になり

観光し、しばらく眺めた湖を想い出しました

記念にイッシー像と写真を撮りました

ホント、その頃は夢がありました

やはり、現地には街の至る所に

チャンプモンスターのキャラクターがあるそうですよ

調査情報について

映像や写真の解像度も

技術面の発展も鑑みて期待できそうですね

ホントなのか、ニセ物なのか?

ワクワクします

最後に、もう1つの湖でのイベント

北米のウユニ塩湖で

湖を疾走するスピードモンスターがいる

北米のウユニと言われるボンネビル塩原の

5月と6月だけに見られる絶景は

ボンネビルは、ソルトレイクの近くにある塩原で

かつてはソルトレイクのように広大な湖だったが

今は一面に塩の大地が広がり

近年、北米のウユニと呼ばれ

観光スポットとして注目されている

特に5月から6月にかけては

雨で水が溜まった塩原に

空や周囲の景色が鏡のように映る現象が見られ

観光のベストシーズン

ボリビアのウユニ塩湖よりずっとアクセスが良く

標高も2000メートル以上はありますが

息苦しくなるとか体調不良を起こすほどではないので

人気が高まっているそう

塩原が鏡のようになる絶景

とても儚い絶景で

コントロールすることのできない気象条件で

初めて目にすることができるという

しかも長時間続くことはなく

言葉にならないほどの美しさのようですよ

そんな塩原が乾燥する夏

満を持してボンネビルに集結する人たちが・・・

広大でフラットな大地を活かし

ボンネビル塩原では毎年夏に競技大会が行われる

ある愛好家たちの間ではよく知られ

競技は、250ものカテゴリーがあってとてもユニークで

参加する方たちの共通する想いはひとつ「世界一」になること

世界のスピードの聖地とされ

ゴルフ場で使用される芝刈り機

通常8キロのものを改造し

2014年に155キロの記録を出したことも有名で

最高記録のなかで421キロのギネス記録を残したのは

宮城光さんという日本人チームが記録を残している

実際に数々の世界記録がボンネビルで誕生しており

初夏限定の絶景と共に、真夏のボンネビル塩原で

繰り広げられる伝統のあるイベントという

世の中の多数の人種や人々を想像すると

人の数だけ考えがあって当然!

様々な人たちの考えや行動に触れる機会は

刺激になりますね




コメント