守本倫子の経歴を調査!年齢は?出身大学と高校もチェック!

ひと

幼い子どもの耳掃除・・どうされていますか?

毎日、お風呂上りに綿棒で触っていたのですが・・・

2週間に1度程度でよいそうで

触りすぎると、黄色い汁が出るそう!

風邪を引くたびに、鼻づまりの中耳炎の繰り返し・・

難聴になるのでは?と心配事がつきませんよね。

今回は、すくすく子育てでお馴染みの

守本倫子先生にスポットを当て

守本倫子の経歴を調査!年齢は?

出身大学と高校もチェック!しちゃいました。




 

守本倫子の経歴を調査!

 

先ずは、守本倫子先生の経歴を調査!しました

守本倫子先生(もりもと のりこ)は

国立成育医療研究センターの医師

感覚器・形態外科部 でいらっしゃいます

1994年3月 新潟大学医学部卒業

1994年4月 慶應義塾大学耳鼻咽喉科入局

1995年7月 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科

1998年7月 米国Baylor 医科大学

Cochlear Biophysics Laboratory留学

1999年7月 国立小児病院耳鼻咽喉科

2002年3月 国立成育医療センター耳鼻咽喉科

2011年4月 慶応義塾大学医学部耳鼻咽喉科客員講師併任

2014年度 独立行政法人国立成育医療研究センター, 感覚器・形態外科部, 医長

2015年度 国立研究開発法人国立成育医療研究センター, その他部局等, 医長

2016年度~2018年度 国立研究開発法人国立成育医療研究センター

感覚器・形態外科部, 医長

専門分野 小児耳鼻咽喉科 小児喉頭疾患 小児難聴

所属学会 日本耳鼻咽喉科学会 福祉医療乳幼児委員長

日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会 乳幼児委員

小児耳鼻咽喉科学会 理事(庶務担当)

日本聴覚医学会 日本耳科学会 気管食道科学会 日本人類遺伝学会

資格

医学博士

日本耳鼻咽喉科学会専門医

日本気管食道科学会専門医

臨床遺伝専門医

身体障害者福祉法第15条指定医

補聴器適合判定医

音声言語機能等判定医

引用元: 医師/感覚器・形態外科部 | 国立成育医療研究センター

http://www.keio-ent.jp/affiliated_01.html

国立成育医療研究センターの概要と沿革は

2002 年3 月1 日にわが国で5番目の国立高度専門医療センター

ナショナルセンターとして設立された

「成育医療」とは、受胎に始まり

子どもの身体心理的 社会的成長が完了し

次世代を産み育てる、いわゆる

リプロダクションサイクルを対象とした

総合的かつ継続的な医療を指し

当院の理念 特徴として

チーム医療をめざし

総合診療科が設けられていること

・こころの問題に配慮した医療を行うこと

こころの診療部がある

・アメニティに配慮した医療を行うこと

・電子カルテによる診療

・年齢に応じた教育環境を整備すること

(院内に学校がある)などがあげられる

入院病床数は460床で、1日の外来患者数は約1000人

入院患者のうち他県からの割合は1/3で

全国から患者が来院されています

引用元: http://www.keio-ent.jp/affiliated_01.html

難聴が疑われて精密検査機関を受診した

0 歳-6 歳児についての社会的調査研究や

妊娠中のウイルス胎盤感染が

児の聴力に与える影響についての研究にて

ハイリスク分娩や重症で気道管理が

必要な児を管理する NICU および PICU が

高度な医療ニーズに対応できるように稼働

病床は NICU が 39 床、PICUが 20 床

全国から特殊な治療が必要な新生児や

合併症を有する小児が高度医療を受けるために

集まってきているのが特徴である

①小児難聴の診断および治療、補聴器の適合や

人工内耳手術、言語指導を行っている

②重篤な小児気道疾患の治療として

喉頭形成術など積極的に行っている

月 1 回、形成外科、口腔外科、言語聴覚士と

合同で口蓋裂チーム外来を行い

カンファレンスを行いながら咽頭弁手術の適応などを検討している

また、男女共同参画に関連した

女性医師のキャリアプランの立て方

キャリア形成の考え方

-女性医師が活躍するための心構えとして

・女性にとって外科医師とは、職場はまだBehindな点が多い

・女性が男性と同等に評価を得る為には

物理的にも質的にも多く仕事をして成果を上げなければならない

・ある程度自己犠牲を払う覚悟が必要

・いつまでも誰かに守ってもらえると思ってはいけない

・上司は父母でも兄姉でもないが、部下は弟妹

・アクシデントはチャンス,前例がなければ自分がなる

など女性活躍の場をつかみ取るための助言されている

 

年齢は?

 

次に守本倫子先生の年齢は?を調べてみました

出身地の記載情報がなく

1994年3月 新潟大学医学部卒業 のことから

今年、40代後半(46歳くらい)ではないでしょうか?

家族や結婚も調べましたが、見つかりませんでした。

詳細等わかりましたら、追記いたします

守本倫子先生が監修された

ユニークな絵本を発見したので紹介させて下さいね

「はなくそ」という絵本です

作家 アンジェール・ドロノワ
1946年、フランスのグランヴィルに生まれ

1968年にカナダのケベック州に移住し

1976年、カナダ国籍を取得

ケベック大学で、造形美術に関する修了資格を得ると

その後、10年ほど同大学で教鞭をとる

その後、玩具を紹介する雑誌に関わりながら

執筆活動を開始。詩や小説、伝記、絵本の分野などで

多岐にわたる活躍をしている

挿絵画家 カロリーヌ・アメル

日本語版監修 守本倫子・たかのゆう




 

出身大学と高校もチェック!

 

最後に、守本倫子先生の出身大学高校もチェック!しました

先ず、出身大学は?

新潟大学医学部です

医学部医学科の教育理念として

医学を通して人類の幸福に貢献する

医学部医学科が求める学生像は

・良き医療人・医学者になるための

強い学習意欲と科学的探求心を有する人

・協調性に富み、豊かな教養と人間性を有する人

・広い視野を有し、積極的に行動できる人

医学部医学科の教育目標は

・豊かな人間性と高い倫理性を備え

全人的医療に貢献できる人材の育成

・高度の専門性を持つ医療チームの一員として

貢献できる人材の育成

・広い視野と高い向学心を有する医学研究者

教育者となり得る人材の育成

・保健、医療、福祉、厚生行政に貢献できる人材の育成

・地域の医療に貢献するとともに

国際的に活躍できる人材の育成

・探求心、研究心、自ら学ぶ態度を

生涯持ちつづける人材の育成とうたってあります

歴史について、官立医学専門学校設立以前

1869(明治2)年

新潟市寺町五ノ丁(現、西堀通7番町)の正福寺内に

施薬院と種痘所(施蘭薬院、新潟県施薬院)を設ける(5月12日)

1876(明治9)年 県立新潟病院医学所と改称

1879(明治12)年 県立新潟医学校(乙種医学校)と改称

1883(明治16)年 県立甲種新潟医学校を改称

新潟市市政施工

1888(明治21)年 県立甲種新潟医学校の廃止

1910(明治43)年 官立新潟医学専門学校の開設(4月6日)

生徒募集の〆切である5月末日までに728人の応募があり

試験の結果入学許可者70人(第1回入学生)

1914(大正3)年  第1回卒業生(51人)を送り出す(11月)

1915(大正4)年 野口英世博士が来学し講演(10月)

1922(大正11)年

官立新潟医学専門学校が医科大学に昇格し官立新潟医学大学となる

1923(大正12)年 関東大震災発生

関東大震災に際し「新潟医科大学救護班」を結成し上京

1924(大正13)年 病理学の川村麟也教授が

「類脂質の研究」で帝国学士院賞牌を授与される

ドイツのフライブルク大学 アショフ教授が来学(7~9月)

1925(大正14)年 川村麟也教授が

「恙蟲病の研究」を出版(本学教官の最初の出版物)

1926(大正15)年 新潟医学大学としての第1回卒業生(18人)が卒業(3月)

大正天皇崩御、昭和天皇が即位

1927(昭和2)年 付属図書館が設置される

1929(昭和4)年 精神病科病室と伝染病室が現在の地に移転

医科大学関係施設が全て現在の地に集約される

1931(昭和6)年 付属医院入院患者の便宜に資するため「財団法人協和会」を設立

1939(昭和14)年 勅令第315号により、四年制の

新潟医学大学臨時付属医学専門部が併設される

1940(昭和15)年 学生の公館としての「有壬公館」が設置される

1941(昭和16)年 太平洋戦争勃発

日中戦争激化し、文部省訓令により「新潟医科大学報国団」結成(4月)

1944(昭和19)年 3月31日、勅令第200号改正により、付属医学専門学校と改称

1945(昭和20)年

アメリカ軍の沖縄への上陸

広島・長崎に原爆が落とされる。

ポツダム宣言を受け入れ、連合国に無条件降伏する

戦況激しく、医科大学各教室が市街に疎開

1947(昭和22)年 昭和天皇が本学に行幸

1949(昭和24)年 国立学校設置法(昭和24年法律第150号)の公布により、

新潟大学(人文学部、教育学部、理学部、医学部、工学部、農学部)が設置される

1954(昭和29)年 新潟医科大学の最終卒業式(第30回生)(3月16日)

昭和後期~現在まで

1955(昭和30)年 新潟大学医学部としての第1回卒業生(98名)を送り出す(3月)

新潟大学大学院医学研究科(博士課程)が設置される(4月)

1956(昭和30)年 付属病院外来棟(鉄筋コンクリート4階建て)が完成

皇太子殿下の御来学(7月)

伊藤辰治医学部長が害虫病関係標本等についてご説明

1957(昭和32)年 新潟大学医学部付属脳外科研究施設が設置される(4月)

1960(昭和35)年 新潟大学医学部創立50周年

1963(昭和38)年 医学部付属衛生検査技師学校が設置される

1964(昭和39)年 新潟で開催の国民体育大会に天皇陛下が御臨幸の際、本学を御視察

東海道新幹線が開通する

新潟地震発生(M7.5)により旧有壬会館が半壊

新潟日報社と共同して「新大・日報震災診療団」を編成、市内を巡回診療

1965(昭和40)年 医学部は五十嵐地区移転を保留とすることを決定

椿忠雄・植木幸明両教授が県衛生部に対して

阿賀野川流域の有機水銀中毒患者発生を報告

1966(昭和41)年 インターン闘争で学生が医師国家試験をボイコット

新潟水俣病の存在を確認 神経内科 椿忠雄教授を中心に

医学部関連教室が協力し臨床・疫学・実験的研究が進められた

1967(昭和42)年 新潟大学脳研究所が設置される(4月)

1969(昭和44)年 学園紛争が激化、カルテの封鎖も行われ一般市民にも被害が及ぶ

アメリカのアポロ11号が月面着陸

米の生産調整(減反)が始まる。翌年、福島潟の干陸式が挙行される

日本万博博覧会が開催される

1971(昭和46)年 脳研究所付属脳疾患標本センターが設置される(4月)

1972(昭和47)年 白菊会新潟大学支部が発足する(昭和52年に新潟白菊会として独立)

沖縄諸島が日本に復帰する

1973(昭和48)年 新潟大学医学部付属腎研究センターと

付属動物実験施設が設置される(4月)

新潟空港初の国際定期航空路、新潟-ハバロフスク線開設

新潟市民病院開院、新潟バイパス・亀田バイパスが開通する

1974(昭和49)年 医学部研究棟(東研究棟)が完成(2月)

新潟大学医療技術短期大学部が設置される(6月)

1975(昭和50)年 旧本館(明治43年開校時の建物)が解体される

医学部基礎校舎および臨床研究棟が完成(3月)

1982(昭和57)年 現在の付属図書館旭町分館が完成する

上越新幹線・新潟-大宮間が開通する(1985上野まで、1991東京まで開通する)

1985(昭和60)年 新潟大学医学部創立75周年

県庁が新光町に移転、関越自動車道が全線開通する。千歳大橋が開通する

昭和天皇の崩御

75周年記念事業の一環として有壬記念館が完成する

天安門事件、東西ドイツの統合(ベルリンの壁の崩壊)、ソ連邦、解体

1992(平成4)年 日露医学医療交流財団幹事大学として日露医学交流を進める

湾岸戦争

新潟港が中核国際港湾に位置づけられる

阪神淡路大震災

磐越自動車道の全線開通

1999(平成11)年 医学部保健学科が設置される(10月)

2001(平成13)年 大学院医歯学総合研究科が設置される(4月)

アメリカ同時多発テロ

柳都大橋・新潟みなとトンネル同時開通。2002FIFAワールドカップTM開催(ビックスワンで試合)

2003(平成15)年 新潟大学医歯学総合病院設置(10月1日)

イラク戦争

2004(平成16)年 国立大学の法人化に伴い国立大学法人新潟大学に移行

新潟市歴史博物館(みなとぴあ)開館。

新潟県中越地震発生する

2005(平成17)年 医歯学総合病院新病棟完成(8月)

2007(平成19)年 新潟県中越沖地震(10月13日)に際し

大学病院内に災害対策本部を設置、現地柏崎に医師を派遣

被災医療機関、被災者への医療支援活動を行う常駐

政令指定都市に移行し

北・東・中央・江南・秋葉・南・西・西蒲の8区役所が開所する。

北京事務所開設(自治体単独では全国初)

中央図書館(ぽんぽーと)開館、新市民病院開院

2010(平成22)年 新潟大学医学部創立100周年

新潟大学志願者への入学検定料免除について

,進学機会の確保を図るため,

災害等の被災者の経済的負担を軽減し

新潟大学では入学検定料免除の特別措置を行います

本学ホーム,免除に関する詳細については

免除の対象となる災害及び被災地域など

ページをご覧ください。

新潟大学ホームページ

/jp. ac. u-niigata. www://http URL

/u-niigata/jp. daigakujc://http 携帯サイト

出願要件 一般枠

1将来医学の分野で活躍が期待される者

人物も優れ,学習成績概評がⒶ又は.A

2入学することを確約できる者,合格した場合は

3当該学校長が推薦できる人員は

新潟県内で将来の医療を担うという

強い意志を有する者は新潟県内の高等学校出身者で

地域枠との併願ができます

本学医学部医学科推薦入試についての問い合わせ先

医師確保担当 看護職員確保対策課・新潟県福祉保健部医師

〒8570-950

新潟県新潟市中央区新光町 1 - 4

TEL 025-280-5960

FAX 025-285-5723

最後に出身高校もチェック!について

こちらの情報もありませんでした

 




コメント